Clip Success!!

64 PV

英アーセナルがインキュベーションプログラムを開催、名門サッカーチームにもオープンイノベーションの波 | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

12日前

AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア

プロスポーツ界にもテクノロジー、オープンイノベーションの波が押し寄せつつある。サッカーでは、スペインの名門クラブでリーガ・エスパニューラ2014-2015の覇者でもあるFCバルセロナが今年3月、スポーツ業界の未来を担う研究施設「Innovation Hub」の構想を発表。 野球では、アメリカ・メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースが同月、アクセラレータープログラム2期生の募集を開始。バスケットボールでは、アメリカ・NBAの76ersが4月、対象企業に無償で居住スペースやオフィスを提供するプログラム「Innovation Lab」をローンチした。 そして9月には、世界最高峰と言われるプロサッカーリーグ、イギリス・プレミアリーグに加盟し、ロンドンに本拠を置く強豪アーセナルも、今後のクラブのあり方をピッチ内外で変えるスタートアップを発掘すべく、ベンチャーキャピタル(VC)のLmarksと共同で「Arsenal Innovation Lab」という試みを開始した。 「Arsenal Innovation Lab」とは Arsenal Innovation Labは10週間におよぶアクセラレータープログラム。スポーツ界に革新をもたらすことを夢見るスタートアップの成長を促すと同時に、彼らとアーセナルを結びつける場として誕生した。 ビジネス面のパートナーを務めるLmarksはロンドンを拠点に活動するVCで、大手企業とスタートアップのコラボレーションのプロデュースを得意とする。同社は過去に人材サービスやゲーム、CMSなど、幅広い分野のスタートアップに投資してきた。 このプログラムでは、9月のローンチから10月12日まで参加企業を募集し、書類選考を通過した企業は11月21日に予定されているアーセナルの幹部へのプレゼンを経て、晴れて来年1月から始まるプログラムに参加できる。 プログラム参加企業は、アーセナルやLmarksの関係者、外部メンターからの指導を受けられ、「実際の試合中に」プロジェクトをデモ・検証できるほか、将来有望なスタートアップには資金調達のチャンスも与えられる。 強豪クラブが注目する「5つの分野」 アーセナルはInnovation Labを通じて、以下5つの角度からクラブを変革するパートナーとなりうるスタートアップを探している。 1.

    おすすめのコメント